電磁波の影響 > 身近に受ける電磁波の影響 > 身近に発生する電磁波と対処法その1 > 身近に発生する電磁波と対処法その2

Healthy life for you

現代社会は、電気・電子機器にあふれ、私たちの生活に利便性をもたらしましたが、
その一方でこれらの機器などによる眼には見えない電磁波による影響も懸念されています。
電磁波の影響には、大きく分けて電磁波との関連が指摘されている病気、電磁波による精密機器などの誤作動の二つがあります。

現在、世界中の多くの科学者が、電磁波による人体への影響についての研究を行っています。
電磁波による人体(健康)への影響を認める研究結果が多く発表されるようになっていますが、
直接要因ではなくても何らかな因果関係を危惧する報告もあります。
公の機関でもある国際がん研究機関 (IARC) が2001年に行った発癌性評価では、送電線などから発生する
低周波磁場には「ヒトに対して発がん性がある可能性がある。や 国立環境研究所が平成9 - 11年度に
「超低周波電磁界による健康リスクの評価に関する研究」などの公式な報告もあります。
電磁波の発生は、一般的に電気機器が知られていますが、、建物の素材や立地条件によっても
「電磁波」として現れるほか、断層や水脈、火山などのジオパシックストレスも含め、電磁波障害はありとあらゆるところに及んでいます。

最近では、電磁波過敏症の問題がクローズアップされています。電磁波過敏症は、日常生活に支障をきたすような
例えば、頭痛、めまい、吐き気、動悸、筋肉痛、皮膚の炎症、不定愁訴、疲労感、集中力欠陥などの症状が現れるのが特徴です。
このような症状を放置して何年も暮らしているうちに微量の電磁波を浴び続け、内臓や脳波まで影響を受け、ガンなどの腫瘍・血液や
免疫系の病気に進行することもあります。


以上のようにありとあらゆる環境因子がある以上、電磁波の影響から、どのように障害などを予防・防止するかが解りにくいのが実情です。


生活の場の身近なところに電磁波の影響が懸念される機器などがあります。「身近に受ける電磁波の影響」をご覧ください。

現在の電気・電子機器は、低電圧の信号を高い抵抗値で扱うことが普通で、強い電磁波が存在すると誤動作を生じやすくなっています。
特に携帯電話からは比較的強い電磁波が発せられるため、航空機や医療機器などへの影響があがあることから、機器の正常な動作が
妨げられ、機内や病院内での携帯電話の使用が禁止されている理由でもあるのす。
 また、音響機器も低電圧によって様々な信号の働きをコントロールしており、抵抗値が高ければ高いほど音の再現も
 良くなるといわれますが、同時に電磁波も発生し、音の再現などに誤作動が生じます。
 そればかりか、音は空気の振動で伝わりますが、伝える音響機器周辺の空気が電磁波によって乱れていたなら、
 音響機器自体の電磁波の存在と合わせて音の再現に影響を及ぼします。

 音響機器などの「いい音の追求」をお考えの方は「音の追求グッズ」をご覧ください。

■身近に発生する電磁波と対処法
    ●各項目クリックでそれぞれの説明と対処法へ

私たちが生活を営んでいる身近なところにも電磁波が存在しています。
身近にあり、使用することで電磁波を発生させる機器、電磁波の影響を
受けやすい立地など各項目の注意点、対処法などを説明します。


電磁波発生に関して一般的に知られていることは、
電化製品では消費電力が大きいものほど電磁波の発生が大きくなるのが
一般的ですので、ワット数確認し、ワット数の大きいものは使用時間を考慮
することも電磁波からの影響を軽減する一つです。

また、屋外、屋内の長時間滞在する場所(寝室)などは、電磁波の影響が
蓄積されることから特に注意が必要とされています。

●左の項目クリックで、説明と注意点、対処法ページにリンク。

■■■
全体で正確に協調する

ワークスクール
ATを学ぶ学校

名古屋・広島・岡山
神経言語PLG

NLPJ
こころと体の調整

マインドモデリング ジャパン
■■■

| 特定商取引法に関する表示 | プライバシーポリシー |
■■■
運営/  ワークスクール
〒464-0075
愛知県名古屋市千種区内山3-25-6千種ターミナルビル901号室
電話・ファックス 052-733-9271
mail:info@tuginosedai.jp

Copyright(C) ワークスクール. All Reghts Reserved